1. HOME
  2. ブログ
  3. 山椒酒を作ってみた!

山椒酒を作ってみた!

36の庭に生えている『葉山椒』を採集

採集

山椒が36の庭に植えており、
春に芽吹きが始まる葉山椒・実山椒を採集し、
木の芽酒(ジン)を作ることにした。
山椒を36の庭に植えており、 春に芽吹きが始まる若葉を採集し、 木の芽酒(ジン)を作ることにした。

ホワイトリカーだけではなく、ジンにも漬け込み!

よもぎと同様、ジンにも漬け込んでみました。
ホワイトリカーと違いジンはセイヨウネズと呼ばれる、
針葉樹の球果が香り付けに使われており、
その特有のビターな香りが山椒の香りと相性が良さそうだし、
昨今国産のクラフトジンが出回っており、
サントリーから出ている『六』というジンにも山椒が使われていることから、
挑戦してみました。
ジンは『NIKKA WILKINSON GIN』を使用。
ホワイトリカーだけではなく、ジンにも漬け込み!

若葉を採集後、水洗いをして水気を飛ばした状態のもの約40gを使用。
4L瓶と1L瓶それぞれに、32gと8gづつ入れて、
4L瓶にはホワイトリカー1.8L、1L瓶にはジンを0.5L程入れた。
成分が抽出されやすくするのと、
味にまろやかさを出すために氷砂糖を
それぞれ10粒、3粒ほど入れた。
若葉を採集後、水洗いをして水気を飛ばした状態のもの約40gを使用。 4L瓶と1L瓶それぞれに、32gと8gづつ入れて、 4L瓶にはホワイトリカー1.8L、1L瓶にはジンを0.5L程入れた。

あとは、振って3〜4ヶ月程待つのみ。
8月頃には飲めるようになるかな…?
お楽しみに!

実山椒も採集し漬け込み!

6月初旬、実山椒がなり始め、採集し200gほど追加で漬け込みを開始した。
途中、味見で飲んだ分を補填しつつ500mlほどホワイトリカーを追加で注いだ。
葉山椒でも十分香りがついているが、実山椒の辛味が加わりどう味が変わるか楽しみ!

南アルプス36・オーナー:青山智彦

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。

問い合わせ